包茎手術を受けた当日に!即日でできることをまとめて紹介

包茎手術を希望される男性は増えている傾向があります。
およそ6~7割は仮性包茎だと言われていますし、周りの人に相談しづらい悩みですので一人で抱えてしまいがちではありますが、包茎手術をすればすぐに問題は解決出来ます。

コンプレックスになっている方も、真性包茎とカントン包茎で機能的な障害や痛みがある場合も、包茎手術を受ける事で解決していきましょう。
不安も有ると思いますが、事前に当日にどういった流れで行われていくのか、また即日ケアをする必要があることなど知っておくと安心です。
まずは情報収集から始めていきましょう。

包茎手術~即日しなければならない事としてはいけない事!

包茎手術をして、即日は痛みが一番強く出てしまう時です。
といっても手術中の痛みも気にする方がいると思いますが、手術をしている時には麻酔を使いますのでほとんど痛みを感じる事はありませんので心配は無用です。
部位が部位だけに、想像するだけでも怖いと感じてしまうかもしれませんが、多くの方は勇気を振り絞って受けたけれど痛みはそこまでではないという体験談を寄せています。

手術当日は麻酔が切れてくると、痛みが出てきます。
包皮を縫合しているというのがありますし、傷あとですのでそれは当たり前の事です。
しかし即日痛み止めを処方してもらっていますのでそれを服用して、痛みを抑えるようにしてください。

いまの鎮痛剤は非常に効果が高いですし、頭痛や歯痛の時に処方されるような薬と同様でかなり効果が高いので、即日服用をして痛みに備えましょう。
当日の夜が山場という方が多いですし、それを乗り越えると徐々に痛みは軽減されていきますし慣れていきます。

外側と内側の包帯はしたままで過ごしてください。
痛みや出血が少しであれば心配することはありません。
場合によっては少し出血することも考えられますが、大量でなければ様子をみます。

包茎手術の経過と主に行う事をチェック

包茎手術の当日には、1番外側の包帯を外していきます。
内側の包帯はまだ取らずに巻いたままにしておいてください。
ペニスが少し腫れたり注射を打った所の変色が見られることも有りますが、出血が起きていたりする以外は心配はいりません。

ちなみにシャワーについてですが手術後2日間はタオルなどで拭く程度にして、3日目から浴びられます。
3日目のシャワーは包帯をしたままですので注意してください。

3日目のシャワー包帯をしたまま浴びますが、洗髪や体を洗ったあとにゆっくりと包帯をはずしていきます。
その際シャワーのお湯で手術の糸の部分中心に、30秒ほど流してください。
洗浄が終わったら、優しくタオルで拭いて包帯を巻いて終了です。

4~7日目までは同様に、シャワー時に軽く洗って流すという事を繰り返してください。
変色などが少し起こってくることも有りますが心配は無用です。
手術のキズは問題が無ければ1週間程度でくっついてきますし、途中で糸が取れてしまうことがあっても大丈夫です。
基本的には8日目ぐらいで抜糸となります。

遠方の方は自分で抜糸をするケースも有りますが、基本的には手術を受けたクリニックに行って抜歯をしてもらいましょう。

手術後に不安に思っている方が多い内容をチェック

包茎手術は未知の世界ですし、あらかじめ知っておくと不安も解消されることもあるでしょう。
情報収集をして備えておけば、安心して手術を受ける事が出来ます。

手術後の排尿に関しては、思うようにいかず排尿の最中に飛び散ってしまったりすることも有りますが1週間前後でまっすぐに行くようになってきますので心配はありません。
1週間程度は便器に座って排尿をするようにすると良いでしょう。

手術後2日間はシャワーは浴びられませんので、タオルで軽くふく程度にして下さい。
3日目以降にシャワーを浴びる際には、包帯をつけたままシャワーを浴びて洗髪などが終わってから優しく包帯を外して洗います。
洗う時には30秒程度、優しくシャワーのお湯で洗います。

手術の当日にはお酒を飲むことは控えて下さい。
血行がよくなってしまって痛みが強くなる事が想定されますし、気をつけましょう。
さらに喫煙に関しても当日は出来るだけ控えて下さい。
1日目からは喫煙もいままでどおりで構いません。

オナニーやセックスに関しては、医師から許可が出るまでは控えるようにしてください。
勃起状態を作ってしまうのも出来るだけ控えるようにするために、ポルノ動画なども控える事をお勧めします。

まとめ

未知の世界でもある包茎手術も、内容や術後の過ごし方を知る事で安心して受けられるのではないでしょうか。
多くの男性は手術を受けて良かったと口コミで挙げていますし、体験談を見るのも安心して手術を受けるための方法と言えます。

シャワーなどは3日目からですし、飲酒や喫煙は手術当日は控えるといった注意点もありますので、事前に知っておく事が大事です。
詳しくは医師からも説明されますし、まずはカウンセリングだけ受けてみるというのもありです。

クリニックを選ぶ際には、出来ればいくつかの所で比較をして検討するのが理想です。